Copyright (C) 2011 HAMASO Co.,Ltd. All Rights reserved.  
メニュー
一合戦もせで、やみやみと無かるべき事の義、尸(かばね)の上の恥辱(ちじょく)たるべし。
一合戦もしないで、むざむざ何もせず降伏するのは、われわれが屍(しかばね)となる以上の恥辱(ちじょく)であるという意味である。
元親にとって、降伏することは最大の恥辱であったことがよくわかる言葉である。
また、元親はこの後に続けて「骨は埋むとも、名をば埋まぬ」とまで言っている。
一領具足
戦国時代。 土佐国長宗我部領国の下級武士、武士の最下級に列なる一種の農兵をこの様に呼んでいた。
若干の田地を所有して平常は農耕に従事 、武士としての城中勤務はないが、自身の馬を有し、一旦事あらば軍隊に服した。 農耕中にも具足と槍を田に立てた事からこの名がある。
江戸時代、土佐藩山内氏の下にも残り、百人衆と呼ばれ、肥後細川藩の一領一匹、薩摩島津藩の外城衆などと並んで、郷士と総称される。

トップ | 資料館 | 商品紹介 | 会社案内 | お問合せ | ウェブ店舗 | 浜惣キャラクターサイト・トップ

 

資料館 商品紹介 お問合せ ウェブ・ショップ会社案内