Copyright (C) 2011 HAMASO Co.,Ltd. All Rights reserved.
メニュー

長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)  天文8(1539)年 - 慶長4(1599)年


長宗我部元親 天文8(1539)年-慶長4(1599)年
天文8(1539)年、土佐(現在の高知県)岡豊城に長宗我部国親の長男として誕生しました。 幼少の頃は、色白でおとなしく軟弱な性格から「姫若子」と周囲から陰口を叩かれていました。
そんな元親に父である国親もあまり期待していなかったのか、初陣も22歳と遅いものでした。
永禄3(1560)年、元親は宿敵・本山氏との長浜・戸ノ本の戦いに初陣として臨みます。  槍を取り、馬に飛び乗った元親は勇敢に敵兵を突き崩し、見事で鮮やかな奮闘ぶりを見せます。 この戦いは、長宗我部軍の大勝利に終わり、元親の評価は一変し「鬼和子」と称賛され、家臣たちの信頼を得ます。 同年、国親の急死により家督を相続し、第21代目当主となります。
父の跡を継ぐと、群雄割拠の状であった土佐の豪族たちを次々と打ち倒していきます。 そして、天正3(1575)年、土佐を平定し「土佐の出来人」と呼ばれました。
土佐国守となった元親は、四国制覇の野望という大いなる夢を抱き、伊予(現在の愛媛県)・讃岐(現在の香川県)・阿波(現在の徳島県)へと侵攻していきます。
四国統一は土佐平定とは比べものにならないほど困難なもので、時には、天下統一をほぼ目前に控えた織田信長と対立し、敵対関係となります。
戦場では、七鳩酢草(ななつかたばみ)の旗を掲げ「一領具足」※1と呼ばれた精強な軍勢と知謀を駆使し、怒涛の勢いで四国制圧をすすめ、天正13(1585)年、四国統一を達成した元親は、ついに四国の覇者となります。
しかし、時を同じくして中央では、織田信長の後継者である豊臣秀吉が天下統一を強力かつ精力的に進めていました。
秀吉は、四国統一をした元親に対して、土佐と阿波のみ領有を認める代わりに、伊予と讃岐を差し出せと要求します。 元親がこれを毅然とした態度を貫き真っ向から拒絶した為、秀吉の四国征伐がはじまりました。
七鳩酢草
巨大な兵数・軍備と圧倒的な優位を誇り、しかも軍事を専業とする戦闘集団の豊臣軍の前に、普段は農耕に従事する半農半兵の長宗我部軍は、四国攻め(阿波・讃岐・伊予の三方面からの攻め)を受けて各地の戦いで敗れます。
阿波の白地で、降伏するか徹底抗戦かをめぐり元親と重臣たちによる軍評定が開かれた際、重臣たちの「これ以上、秀吉に抵抗することは不可能」との勧告に対し、元親が叶えたのが「一合戦もせで、やみやみと無かるべき事の義、尸の上の恥辱たるべし」※2という言葉である。 元親は、この後に続けて「骨は埋むとも、名をば埋まぬ」とまで 言っている。
しかし、結局は重臣たちの説得と家臣たちの戦意の喪失を知ったことで「士卒に戦う気がなくなれば、もはや戦いはできぬ」と、いさぎよく講和を受け入れた。
秀吉は、元親に対して阿波・讃岐・伊予の三国は没収したものの、土佐一国は安堵しました。
「土佐の出来人」と称えられた元親は、度量と気概と野心をもった武将であり、その一方では、家臣の言うことににも耳を傾け、農民たちの生活を思い、敵にも情けをかける人柄で、土佐の海のように大きな心をもった寛大な武将であったとも伝えられています。

※1「一領具足」
普段は、若干の田地と自身の馬を所有し、農耕に従事した。 合戦があると兵力として出陣した半農・半兵の地侍(土着の武士団)。 もともとは甲冑一式という意味で、彼らが代わりの甲冑を持たなかったことからこう名づけられた。 元親の父、国親が編み出したといわれる。
元親の戦力の中心だった一領具足は畑仕事の最中にも傍らに槍と鎧を立て、いざ合戦となれば鋤や鍬を放り投げて戦場に向かった。 日ごろから弓・鉄砲・太刀打ち訓練を怠らず、戦場では生死知らずの野武士と言われ、勇猛果敢に戦って、他国の軍勢を圧倒。 元親の四国制覇への快進撃を支える原動力となった。

※2「一合戦もせで、やみやみと無かるべき事の義、尸の上の恥辱たるべし」
一つの合戦もしないで、むざむざ何もせず降伏するのは、我々が屍となる以上の恥辱であるという意味。

若宮八幡宮(高知県高知市長浜6600)

永禄3(1560)年、元親が宿敵・本山氏との長浜・戸ノ本の戦いに初陣として臨む際、この若宮八幡宮の馬場先に陣所を構え、 戦勝を祈願し戦に望んだ地です。 22歳の元親は、その後もこの若宮八幡宮を出陣祈願の社と定め、社殿を出蜻蛉式建築に改めました。

長宗我部元親初陣の像(若宮八幡宮・外苑)

若宮八幡宮の外苑(参道の脇)に立つ元親の銅像です。地元の有志の働きによって、平成11(1999)年に建立されました。足元には四国の勢力地図があり、高さは台座も含め約7m、槍の長さは5.7m程あります。

土佐神社(高知県高知市しなね2-16-1)

戦国時代の動乱の中、永禄6(1563)年の兵火によって社殿が焼失。 安芸氏を八流の戦いで滅ぼし、土佐国守を目の前にしていた31歳の元親が四国統一を祈念し、元亀元(1570)年に本殿・幣殿・拝殿の再興に支援の手を差し伸べました。

長宗我部元親の墓(高知県高知市長浜天甫山)

慶長4(1599)年5月19日、病気療養のために訪れていた伏見の屋敷で病没。 享年61歳。 遺骨は土佐に送られ、天甫寺山に葬られました。 時を経た墓は、後にの徳山(山口県)の人が探し出し祀ったと言われています。

夏草の賦(上・下巻)

「夏草の賦」司馬遼太郎・著 (文藝春秋)

「夏草の賦」は元親を主人公とした、司馬遼太郎の歴史小説で、昭和41(1966)年9月から昭和翌年年5月にかけて地方紙で連載され、文藝春秋により刊行されました。 NHKの大河ドラマで取り上げてほしい作品の上位に位置する作品です。

トップ | 資料館 | 商品紹介 | 会社案内 | お問合せ | ウェブ店舗 | 浜惣キャラクターサイト・トップ

浜惣「長宗我部元親グッズ」サイト・トップページ 商品紹介 お問合せ ウェブ・ショップ会社案内